XMのスプレッドは広くない!その理由3つを紹介

XM

海外FX のスプレッドは、国内と比べ広いと言われていますが、その分メリットもあります。

充実したサービスや必要証拠金の少なさを考慮すると、海外FXの使い勝手が良い場合があるのです。その理由について紹介していきます。

XMのスプレッドは口座タイプで異なる

多くの日本人トレーダーが愛用する「XM」を例に見ていきましょう。

海外FXは、国内FXとは違い、複数の口座タイプがあります。また、初心者をメインターゲットとした国内FXに対して、中級者・上級者向けまで充実しているのが特徴です。

特にXMでは、

  • 初心者:マイクロ口座
  • 中級者:スタンダード口座
  • 上級者:ゼロ口座

と3タイプの口座が用意してあります。

そして、スプレッドについては、
「マイクロ口座・スタンダード口座」と「ゼロ口座」で異なる特徴があるのです。

詳しく見ていきましょう。

XMのスプレッド一覧

まず、上級者向けの「ゼロ口座」のスプレッドは、
「マイクロ口座」や「スタンダード口座」に比べて狭いのが特徴です。

理由は、「ゼロ口座」の「ゼロ」とは、スプレッドが0に限りなく近いことを意味しているからです。

それでは、初心者・中級者向きの「マイクロ口座」・「スタンダード口座」から、順を追って見ていきましょう。

マイクロ口座・スタンダード口座の場合

スプレッドの紹介をする前に、1つだけ知っておいて欲しいことがあります。

それは、マイクロ口座・スタンダード口座・ゼロ口座のいずれも、
XMでは変動制スプレッドだということです。

変動制スプレッドとは、相場の売り圧力・買い圧力に応じて、スプレッドも変化する特徴のことで、常に安定しているものではないため、本記事で紹介するXMのスプレッドは「平均スプレッド」で表示しています。

マイクロ口座・スタンダード口座のスプレッド(片道)

引用:XM

上記は、FXトレードでメジャーの7通貨ペアです。

私たちトレーダーは、新規注文・決済注文で、
スプレッド分の差額を負担することになりますので、
一般的にスプレッドを気にする場面としては、短期売買のときです。

そのため、スプレッドに注目してFX会社を比較する際は、
上記のようにメジャー通貨で確認しましょう。

それを踏まえて、マイクロ口座・スタンダード口座のスプレッドについて見ていきますと、

例えば、米ドル円の場合は、1.8pipsとなっています。
国内FXの多くが米ドル円0.3pipsですので、約6倍のコスト負担になりますね。

恐らく、このマイクロ口座・スタンダード口座のスプレッドの広さが、
「海外FXのスプレッドは高い」と言われる理由でしょう。

ゼロ口座の場合

国内FXよりも低スプレッドなのが「ゼロ口座」です。

ゼロ口座の平均スプレッド(片道)

引用:XM

米ドル円は、なんと0.1pipsです。
しかし、裏もありまして、ゼロ口座には、手数料が10万通貨あたり約500円発生します。

往復だと約1,000円。
つまり、約1pipsで、新規注文を入れたタイミングで加算されます。

ゼロ口座の平均スプレッド(片道・手数料込み)

例えば、米ドル円の場合、
新規注文では、往復手数料を含んだ1.1pipsが実質的なスプレッドになります。

しかし、決済注文では、スプレッド0.1pipsしかかかりません。
理由は新規注文ですでに、手数料分は支払っているからです。

ですので、XMのスプレッドを調べる際は、「往復スプレッド」に換算した方が、
正確な負担額を知ることができます。

ゼロ口座の平均スプレッド(往復・手数料込み)

引用:XM

いかがでしょうか?
米ドル円の片道あたりのスプレッドは、0.6pipsになります。

国内FXと比較しても「サービス内容次第ではOK」と言える水準ではないでしょうか。
XMのスプレッドは、想像するほど広くはないことが、お分かりいただけたと思います。
さらに話を掘り下げていきましょう。

XMのスプレッドが広くない理由①【他社比較】

引き続き、ゼロ口座で話を進めますと、他社比較のスプレッドは次のようになります。

平均スプレッド比較(往復・手数料込み)

引用:XM

タイタンFX、アイフォレックスといえば、XMに次ぐ、日本人トレーダーに人気の海外FXです。

ユーロ円、ユーロドルなど、一部タイタンFXより広いスプレッドの通貨ペアもありますが、
XMは決して広くないことが分かります。 ※()は片道あたりのスプレッド

ここまでお読みいただくと分かると思いますが、海外FXのスプレッドは、
どの会社を取り上げても国内FXより広いものです。理由は、為替レートの表示方法にあります。

為替レートの表示方法

海外FXと国内FXの表示方法の違いは下記の通りです。

  • 海外FX…NDD(None Dealing Desk )方式
  • 国内FX…DD(Dealing Desk )方式

この DD(ディーリング・ディスク )とは、FX会社に勤務するディーラーのことで、
ディーラーを介すかどうかがスプレッドの狭さに影響しています。

つまり、ディーラーを介す国内FXのDD(Dealing Desk )方式では、
為替レートを操作することでスプレッドを狭くすることができているわけですね。

海外FXのNDD(None Dealing Desk )方式は、
ディーリング・ディスク(DD)を介さない(N)価格表示となりますので、
為替レートの透明性は高いと言えます。

一方、国内FXのDD方式では、
私たちトレーダーに不利となる価格操作も容易にできてしまうことから、
表示レートに不透明感があることは否めません。

判断は人それぞれではありますが、著者の見解としては、XMをはじめとした海外FXが採用するNDD方式が安心してトレードができると思います。

ポイント
・海外FXと国内FXは、価格の表示方法が違うために、スプレッドにも違いが生じるため、XMのスプレッドは、海外FXに限定して比較するのが原則
・XMは、他の海外FX2社と比較しても、割安スプレッドだと言っても過言ではない

XMのスプレッドが広くない理由②【ボーナス

XMのスプレッドが広くない理由は他にもあります。

それは、冒頭で紹介したマイクロ口座・スタンダード口座のスプレッドです。

マイクロ口座・スタンダード口座のスプレッド(片道)

引用:XM

確かに割高ではありますが、マイクロ口座・スタンダード口座では、
「ロイヤルティプログラム」という特典があります。それを加味したスプレッドが下表になります。

マイクロ口座・スタンダード口座のスプレッド(片道・ボーナスを含む)

例えば、米ドル円の場合、
ロイヤルティプログラムを考慮すると、1.80pips⇒1.14pipsまで狭くなります。

ロイヤルティプログラムとは、
10万通貨あたり最大20XMP(XMポイント)を受け取ることのできるサービスです。

ちなみに、先ほどのボーナスを含んだ片道スプレッドの図は、最高ランクELITEの場合です。
獲得できるXMPは、取引日数によって異なりますので確認しておきましょう。

引用:XM

XMPは、3XMP=約100円の取引ボーナスに換金できるので、
10万通貨=20XMPだと約666円になります。これをpipsに換算すると0.66pipsです。

そのため、10万通貨あたりの米ドル円の片道スプレッドは、
1.14pips(=1.8pips-0.66pips)となるのです。

加えて、マイクロ口座・スタンダード口座では、入金額に応じたボーナスがあります。
これは、必要証拠金の負担が軽くなる特典で、見方によってはスプレッド分と相殺することができます。

ポイント
・マイクロ口座・スタンダード口座のスプレッドは広いように感じるが、ロイヤルティプログラムや入金ボーナスなど、必要証拠金を軽くするサービスが充実しているため、スプレッド分以上のメリットがある。

XMのスプレッドが広くない理由③【手厚いサポート

XMのスプレッドが決して広くない理由3つめは、日本人スタッフによる24時間サポートです。

引用:XM

先ほどのボーナスもそうですが、
XMは国内FXに劣るスプレッドを、なんとかして補う努力をしています。

例えば、日本時間の深夜にトラブルが発生した場合、
国内FXだと翌日の平日まで十分な対応をしてもらえないことがあります。

理由は、夜勤で対応できる在籍スタッフの数が限られているため、
臨時的な対応しかできないためです。

一方でXMは、相場が活発に動くヨーロッパ・アメリカ時間は日中に相当します。
本社がヨーロッパのキプロスという地域にあるため、
むしろ日本時間の夜のほうがが迅速な対応をしてくれます。

このように海外に拠点を置いていることそのものが、XMにとって最大の強みなのです。
夜にトレードする方にとっては、スプレッドが割高だったとしても海外FXの利用が心強いかと思います。

ポイント
・確かに国内FXと比較とするとスプレッドは広いが、それを相殺する程のボーナス特典あり。
・夜でもサポート対応が充実しているため、スプレッドの広さを加味しても、日本人トレーダーのメリットあり

XMスプレッドの注意点

最後に、XMのスプレッドを気にせずトレードを楽しんでいただくために注意点をご紹介します。

注意するべきポイントは、トレードをする「時間帯」や「タイミング」です。
XMに限らず、FXでは下記のようにスプレッドが広がる時間帯が存在しますので、
しっかり押さえておきましょう。

日本時間の早朝
アメリカ市場がAM5:00に閉まって、日本市場がAM9:00に開きます。
そのAM5:00~9:00の4時間は取引量が少なく、スプレッドが広がりますのでトレードを避けることをおすすめします。

要人発言・重要指標の発表時
・米国雇用統計:毎月第1金曜日
・FOMC:年8回(1・3・4・6・7・9・10・12月)
・欧州中央銀行(ECB)政策金利:毎月第1木曜日
・日銀金融政策決定会合:年8回(1・3・4・6・7・9・10・12月)

上記の指標発表は、結果が予想と大きく異なる場合、買い・売りのどちらかに注文が傾きます。すると買い圧力・売り圧力を均衡させるためにスプレッドが広がるのです。

まとめ

以上、XMのスプレッドとその注意点をご紹介しました。
XMスプレッドに対するイメージが少し変わったのではないでしょうか。

実際、口座開設をしてみると、思っていたほどの不便さは感じないものです。
むしろ、国内FXにはない充実したサービスやサポートがあるので、スプレッドに勝るメリットが期待できます。

まずは、全口座タイプが対象の口座開設ボーナスで、スプレッドの使い心地を確認してみましょう。